KAITO CLUB TAEKWON-DO

ITFテコンドー協会

/ 01​

About​

日本国際テコンドー協会本部道場直轄のテコンドークラブです。
16歳から始めたITFテコンドーをベースに30歳からはキックボクサーとしてプロのリングで活躍しました。引退後は経験した武道、格闘技を時間をかけて研究し、自身のテコンドーの幅を広げる事ができました。
そして、やりがいや充実感を提供したい、テコンドーの魅力を多くの人に知ってもらいたいという思いから「KAITO CLUB TAEKWON-DO」を発足しました。

当クラブでは、手足を良く使い、どんな距離でも冷静に技術を発揮して戦えるスタイルを目指しています。その為にテコンドーに必要な柔軟性、筋力を養うための体操を行い、基本動作と型でフォームと重心移動、力の出し方を身につけます。ミットトレーニングで瞬間のインパクトの感覚をつかみ、対人稽古で間合いと緊張感、テクニックと力をコントロールする事を覚えます。
また、上達して行くと掴まれた時、座ってる時、複数人を相手にする時など体勢や状況を想定したセルフディフェンスの練習も行います。
まずは、世界共通のテコンドーカリキュラムに沿って自分のペースで覚える事が出来、昇級・昇段・試合へ向けて楽しみながら目標に向かっていけるので体力に自信のない方や、武道を習ったことのない方でもカジュアルに始める事が出来ます。体験稽古や見学が可能ですので、ご興味ありましたらお気軽にお問合わせ下さい。

/ 02

Class​

//

少年部

::

成年部

::

パーソナル

::

/ 03

//​

I

From

From

From

From

From
/ 04

テコンドー​

//

跆拳道(テコンドー)は、朝鮮半島発祥の近代武道です。テッキョンなどの古武術をべースに日本の空手など様々な武道を科学的に研究して作られました。1955年にテコンドーと命名されて以来、現在130カ国以上に普及し、世界中で老若男女問わず多くの人達が修錬に励んでいます。華麗な蹴り技、サインウェーブが特徴的で、身体をスピーディーでしなやかに使う全身運動です。跆拳道の「跆」は踏む、跳ぶ、蹴る。「拳」は拳で叩く、砕く。「道」は精神修練を意味します。挨拶の時、跆拳(テコン)と言いますが、これはテコンドー精神(禮義・廉恥・忍耐・克己・百折不屈)を意味します。
テコンドーはそれぞれの目的とスタンスでカジュアルに始める事ができます。柔軟性、引き締まった身体作り、高度な技術の習得、運動機能と心肺機能の向上、健康維持、美容(特にヒップアップ)、精神修養、趣味、娯楽、充実感、達成感、仲間作りなどに大変有効です。

上部へスクロール